『綺堂随筆・江戸の思い出』

なんてのをいきなし読んでみた。

『半七捕物帖』や『番町皿屋敷』で有名(らすい、、)

岡本綺堂さんのいわゆるエッセイ集。

1872年生まれだから、、明治5年!

まあ、100年ちょい先輩の方である。

で、亡くなったのが昭和14年だってえから

きっちり明治・大正・昭和と生き抜いたわけである。




いやあ、おもしれかった。

説教くさくなくて、ひょうひょうとしているので、

まったく昔の話を読んでいる気がしない。

なんか、外に出たら馬車が走ってそうだもんな。

江戸名物白魚はんまいだの、お堀でウナギ釣れただの、

近ごろの子供たちはひ弱だの、震災話だの、台場だの日比谷公園だの、

中国怪談だの、徳さんや留さんの話だの、あぁ、江戸は素敵だ。

年賀郵便の所為で新年の回礼が廃れて残念!

なんて話は、いまの年賀メール見たらどう思うだろねい、、、。

とか考えてたら、この頃インターネットがあったら? なんて。

それこそブログなんてあったらさぞやおもしれーだろなう。

とか思ってたら、読んでみたいぞ

信長ブログと龍馬ブログ。

清親の絵が素敵だな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です