『アースダイバー』

突然だが、中沢新一の本を読んだ。

縄文時代の地図で東京をひもとく、

てな強引なネタ展開なわけだが、

これが意外と面白い。

「へえ〜」ってなもんである。

なにやらはるか昔、温暖期でいまより海面が高かった頃、

東京はフィヨルド地形の大地であったそうな。

その頃の陸地と海が、海面が低下した現在、

洪積台地と沖積低地となったわけである。

で、その縄文時代の地図をベースに、

東京のもろもろを見ていくと、神社仏閣の位置、

古墳や遺跡はもちろん、現代の街並みや建物まで

その地形の「キワ」に集中しており、

すべて縄文の影響である、と。

まあ、そっからは中沢新一なんで、

かなーり「え〜? ホントかよ!?」とか

「いや、それはいくらなんでも話飛びすぎでわ?」

てな展開を見せつつ、この視点の面白さに自分もハマった。

で、最後に折り込みマップが付いているのだが、

それを眺めていると、あることに気がついた。

自分の好きな街、つうか安心な場所って、

どうも沖積低地に集中しておる。

洪積台地にある街は、どうも落ち着かなかったり、

行ったことなかったり、興味がなかったりしている。

渋谷はええが、新宿、池袋はどうもなあ、みたいに。

まあ、東京の半分は沖積低地だったりするのだが。

さて、なんでだろ?

考えてもわからないので寝ることにする(爆)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です