『転々』

藤田宜永の本が文庫で出てた。

この人のは、前に青いBUGATTIが主人公(?)の

『鋼鉄の騎士』という戦前F1物語を読んで、

かなり面白かったのでためらわず買った。

したら一日で読んじゃったよ。

やっぱおもしれーでやんの。

でも、こんだのわでんでん趣が違う。




夜逃げした学生の前に借金取りの怪すいぢぢぃが登場。

そのぢぢぃに「きっちり金を返すか、トビウオ漁に出るか、、、

それとも100万円やるから、オレと吉祥寺から霞が関まで一緒に歩け!」

と迫られるわけだ。

すでにヘンである。

そのヘンな空気が最後まで「ほわわん」とただよう。

なにしろ主人公も含め、基本的にヘンな人しか出てこない。

その上、ヘンな事件つうか、ヘンな出来事ばかりおきる。

ぢぢぃのキャラもヒロインもかなりヘン。

ラストの謎の解明もオチも、、、なんかヘン。

でも、妙にあったかくて、リアルな感じなんだな。

だからヘン+ヘン×ヘン=ヘンじゃないんじゃない?

みたいな。

ちょっと歩いてみたいかも。

いいもん読んだ感アリ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です