瀬戸内国際芸術祭「豊島0801」編

んなわけで、備忘録的なw
1554460956_246.jpg1554460956_17.jpg
1554460956_21.jpg1207_460645447_68large.jpg
いよいよ島巡り開始!
初っぱなは「豊島」
今回の島の中では2番目に大きい。
行きの船で他の参加者からいろいろ情報収集。
なんでも「直島」あたりにはゴミにしか見えないアートもあるらしい
まあ、まだ直島は先なので忘れないように、と。
1207_460645395_74large.jpg
島に着くなり、金に物言わせてレンタカーゲット。
若者たちが汗だくでバスに乗って回っているのを尻目に
高級軽自動車でびゅんびゅん。
1207_460645387_61large.jpg
てか、道せまいっす。
軽じゃなきゃ絶対ムリ。
それにどうやってこの車庫まできたのだろう?
と不思議なくらい道路とは呼べない道だらけ。
1207_460645303_192large.jpg
1207_460645154_165large.jpg
1207_460645035_240large.jpg
1207_460645125_214large.jpg
1207_460644996_221large.jpg
1207_460645271_54large.jpg
1207_460645045_106large.jpg1207_460645054_251large.jpg
なかなか、この島はよいね。
寄るな、さわるな、写すな、
と特にきびしいことも言われず、
結構間近で作品を体験できて非常に楽しい。
1207_460645348_26large.jpg
お昼はその日オープンだった家プロジェクトのひとつ
トビアス・レーベルガー作品兼レストラン『イル・ヴェント』
1207_460645106_40large.jpg1207_460645076_170large.jpg
まあ、アートは良かったすけど、、、お食事はそこそこかな。
てか、男子には圧倒的にボリューム不足。
その日は夜から維新派のお芝居?があるので
「犬島」に移動。