『ららら科學の子』

1968年に日本を追われて中国で生きてきた人が、

30年ぶりに日本に帰ってきて見たモノは、、、

てなカンジで言ってみりゃタイムスリップものか?

舞台は渋谷を中心に、青山、神宮、麻布、六本木、

駒東前、後藤プラネタリウム、有栖川公園、淡島通り、

そいや百軒店のムルギーやらライオンも出てきたなw




てなカンジで、出てくるトコがみんな土地勘バリバリ。

オギスくんなんかとしょっちゅうふらふらしてたトコだw

特に『青山ユアーズ』を思い出させてくれたのはうれしかったな。

そおそお、あったよね。

有名人の手形で覆われたスーパーマーケット。

コンビニのあるいま、深夜営業スーパーなんて別に、、

ってカンジだけど、あそこはなにやら自分にとって、

とても特殊な場所だったコトを思いだした。

夜中までやってて、まんまアメリカンで、、

ご幼少のみぎり、親が行くと言えば

夜中だろうが何だろうが連れて行けと騒いだモノである。

見たことのないキャンディやら瓶入りマヨネーズやらスパムやら

オートミールやら、、、アメリカンドッグ好きだったなあ、、。

とはいえ、お話は別に懐古もんとかではなく、

国とは? 個人とは? 家族とは? 自由とは?

ちうよなコトを静かに淡々と主人公の「彼」を通して語っていく

きわめて質の高い読み物であるっ、、て三島賞とってんのか(^^

かなりぐいぐい引き込まれて読みますた。

ちと、急ぎすぎたので、も一回読んでみるか。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4167691027/

本とか

Posted by Poonie